「Adobe Creative Cloud」を導入しました。

桃莉瑠衣です。

そんなにボリュームはないのですが、近況報告がてら。

ProToolsに続いてかなりの難関、だけどみんな導入して使いこなしているのを見てやっぱり羨ましいって思うもの。

それがやっぱりAdobeのソフト群。

というわけで、GWのセールに乗じて導入を決定しました。

なぜ導入したのか?

やっぱりこれが気になるところなのでしょうが、単純に

「各々のソフトが別々だと面倒なことが多くなってきた」

という面が大きいです。

それまでの各ツールの使い分け

とりあえず、DAWはProToolsで固定。麻雀でいうとここれが「雀頭」のようなものです。わかりづらい例え。

さて、それはいいとして…

例えば、「歌ってみた動画を出したい」ってなったときに、動画編集ソフトが必要です。

その時に僕が主力として使っていたものが「DaVinci Resolve

そしてブログのサムネ作成に使用していたのは「PhotoScape X

※リンク先はWindowsストアですが、Mac App Storeにもあります

ゼロから文字主体の画像を作る際は「Inkscape」などを使用していました。

つまり、DAWと周辺プラグイン以外は無料の生活を長らく続けていたことになります。

そしてやってくる諸問題

「なんでも無料で済むなんていい時代になったもんだ!!」とは思いましたが、結局は無料。

結局限界は見えてきます。

DaVinci Resolveではノイズフィルターなどの一部機能がStudio版しかないとか、

Photoscape Xでも細かい設定をしようとしたら課金しなきゃいけなくなったり、

Inkscapeに至ってはもはや劣化コピー版としか思えないレベルの操作性の悪さだったり。

そして、これらは使用方法などの情報量が少なかったり、調べても過去のバージョンが出てきてやたらわかりづらかったりします。

(Photoscapeに関しては直感的に操作できるので調べる必要はあまりなかったのですが)

結末はもうわかりきっています。

ウマ娘でいうと、短距離・逃げ育成なのにスピードをろくに鍛えてない状態くらい見え切っています。

それらを解決する策は、もはや一つしかありません。

短距離・逃げならスピードを鍛える。上記の問題を解決するには?

やはり「金を積む」しかないわけです。

しかし、金を積む相手もちゃんと選ばなければならない。

それならもうほぼ一択のようなものです。

地球最強のソフトウェアスイート、やっぱりAdobe

動画編集ソフトやフォトレタッチソフト、そして画像や図面の作成。

それらを一手にできるものはやっぱりAdobeの製品群しかないわけです。

最初はPremiere単騎で考えていましたが、GW中特価であったことも考えて「コンプリートプラン」に。

いや、考えてもみてください。

  • 画像編集や作成をしてサムネの幅を広げる(Ps,Ai)
  • 歌ってみた動画の制作・フロー効率化(Pr)
  • 文字をバシバシ動かすリリックビデオを作りたい(Ae)
  • ミックス依頼用の怪しいランディングページを作りたい(Dw)
  • 歌ってみたのミックス依頼でノイズ除去に使える(Au)

以上の野望が叶う可能性があるわけです。(叶うとは言ってない)

しかも各ソフトウェアは連携可能。Adobeしゅごい。

そして導入した後の現在

一言で言います。

「助けて」

…いや、そりゃそうなります。なんせ1個1個のソフトが超強力で高機能、いろんな使い方ができるわけです。

言ってみれば、DAWと習得難易度が同等クラスの用途が違うソフトが複数ある状態。

上記の記事でも書いたのですが、なんでもできちゃうソフトって難易度もエグいのです。

Premiereもだいぶ前に弄ったはずなんですが、もう操作方法はすっかり忘れてしまっています。

それに加えて最低5個のソフトの使い方を学ばなければならない状況。

これは道のりが長そうだ。

[PR] Kindle Unlimited

↑これもついでに契約しました。DAWだけでなく、Adobeのソフトの使い方に関する書籍もわりとあったりします。

…いや、僕の明日はどっちだろう。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました